注文住宅の風通しや断熱性能、結露問題

このサイトは自然素材の注文型の住宅の機能性に関する点についてご紹介しています。
どんなファンクションがあるのかというのは自然の素材を用いて住宅を建てる際にもとても重要なポイントだと考えられています。
ではどんな視点から考えていけばいいのかということについて、注文型住宅の設計における風通しや断熱性能、結露問題等の視点からご紹介してみたいと思います。
そして併せて、注文住宅の強度といった点からもご紹介を行っています。

自然素材の注文住宅、機能性は大丈夫?

自然素材の注文住宅、機能性は大丈夫? 注文住宅は家族のニーズに合わせてデザインを決めたり好きなように間取りを決めたりといった柔軟に立てることが可能というメリットがある住宅です。
では実際に注文住宅をを建てるという時、自然素材の材料を使いたいという人も多いのではないでしょうか。
家族が安心して暮らせる自然の素材で作られた住宅はとても魅力的です。
しかし、そうした住宅を建てるという時に設計段階から機能性も十分に考慮して選ぶということが大切です。
一度立ててしまったら元に戻すことができないだけに、家族にとってメリットがある住宅とはどんな住宅なのかということや家族のライフスタイルなどの変化にどう柔軟に対応できるのかといったことも設計する上では大切なポイントといえます。

生活を考慮すると自然素材を利用して注文住宅を建築することは非常に便利

生活を考慮すると自然素材を利用して注文住宅を建築することは非常に便利 注文住宅に関しては、一戸建てを建築するのかそれとも分譲住宅を注文住宅のように建築するのかによって、素材の使い方が全く異なってきます。
近年では、分譲住宅の場合に鉄筋コンクリートなどを利用して注文住宅のように建築を行っていくこともできますし、普通の一般的な住宅であるのならば利便性などを考慮して木造のみで建築を行っていくこともできます。
この点、注文住宅を一戸建て住宅で考えるのならば、自然素材だけを利用して建設を行ってもらうことは非常に便利であるといえます。
これは、四季を通じて快適に暮らしていける可能性が高くなるからです。
自然素材で建築された注文住宅は、内部の通気性が非常に良くなりますので、エアコンや暖房などをつけた時に空気の循環が非常にしやすくなるというメリットが生まれます。
それだけではなく、紫外線が多い太陽光を防ぎやすくなりますし、窓を開けた時に風の通気性もとても良くなりますので、住宅の中に自然と良い空気が流れやすくなる傾向があります。
特に、日本の自然素材は外国の輸入素材と異なって地震にも耐えられるほどの耐久性を誇っていますので、こういった素材を率先して利用するクライアントは非常に多いです。

注文住宅と結露問題

"注文住宅では間取りや費用など建設における事柄に気を取られがちですが、注文住宅において注意しなければならないポイントに結露問題が最重要事項として挙げられます。
結露とは主に窓など冷えた外部に接している部分の表面を濡らす水滴で、それらは水蒸気によって発生するものです。その水蒸気を生み出す原因は主に人間の体内から発せられているものの、基本的に乾燥状態が続けば水蒸気は霧散します。ところが空気には水分を含んでいる限界すなわち飽和状態が存在しており、この限界に達すると水滴が発生する仕組みです。
窓が濡れている状態は日常的な場面かもしれませんが、度が過ぎれば人間の健康を損なう脅威になります。例えば窓枠に接している壁にカビが発生してしまい、咳が止まらなくなったケースは数多いです。これは空気中に分散したカビによって肺機能が低下しているせいですが、場合によっては肺の中にカビが入り込んでそのまま増殖するリスクがあります。放っておけば命を落とす事態を招くのは言うまでもないです。実際に国内では毎年およそ1000人がカビのせいで命を落としており、またカビの侵食は住宅の寿命を縮める原因でもあるので気を付けなくてはなりません。

季節を意識することで着工することで理想的な注文住宅を

いざ注文住宅を建ててもらうとなると最初に問題になるのが着工の時期です。日本には四つもの季節がありそれぞれ異なった特徴を持っています。
最初に問題として思いつくのが雨や台風による被害です。雨水の侵入を食い止める雨仕舞いをする前に梅雨の時期に入ってしまうと木材に直接雨が掛かり強度を低下させたりシミになったりしてしまうし、強風によって足場や養生シートが吹き飛んでしまうことが考えられます。
夏場は気温が高いため、この時期にコンクリートを打つと水分がものすごい速さで蒸発してしまいひび割れを起こし強度低下の原因になってしまいます。また、冬にもコンクリートに関する問題があり凍結することでも強度不足の原因になる可能性があります。そして、4月から新生活を始める人が多いので、その時期に完成の時期を合わせて着工する場合もあります。以上のことから注文住宅を着工する時期は10月~11月に着工し1月~2月に完成、もしくは4月~5月に着工し8月~9月に完成するように日程を考えるのをお勧めします。

台風が多い地域に最適な注文住宅の施工プラン

注文住宅を新築するときには、地域の特性を考えてプランを構築することが重要です。特に台風が多い地域では、建物の構造部分を通常よりも重厚にすることが大切です。また強い風によって屋根が飛ばされることもあるので、注文住宅を建てるときには瓦などの材質も厳選するべきです。そして外壁塗装と屋根の防水にもこだわると、台風が来ても安心して暮らせるマイホームが実現できます。しかし建物を重厚にする場合でも、マイホームの新築では予算が限られています。したがって複数の施工会社が提示するプランを比べて、予算の範囲内で最も機能面で優れている建築プランを選ぶ必要があります。
実際にプランを構築する過程で展示場を訪れると、気象条件が厳しい地域に最適な建築プランを見つけることができます。災害に強い家を建てる場合でも、暮らしやすい間取りにするのが理想的です。これまでの施工事例を詳細に分析すると、快適に家族が暮らせるプランを見つけられます。

大雨で新築の注文住宅が被害を受けた場合にとるべき行動とは

長時間にわたって大雨が降ると、せっかく建てた注文住宅にも被害が出ることがありますが、復旧などの作業をする前にまず行っておくべきことがあります。それは、「写真を撮ること」で、注文住宅にかけている火災保険からの保険金を請求するときに必要になります。
災害が起きてしばらく経つと、自治体が法令に基づいて罹災証明書と言われる書類の交付受け付けが始まります。この証明書は、大雨や地震、津波などといった自然災害で住宅にどの程度被害が出たかを証明するためのもので、損害保険会社に請求する際の必要書類の一つです。実際には自治体の職員が現地調査を行った上で証明書の作成を行いますが、被害の事実がわかる資料として建物の写真を提出することが推奨されています。雨が原因で起きた自然災害で被害を受けたときの撮影のポイントは、建物全体や被害箇所は角度を変えて複数枚撮ること、浸水跡が特に良くわかる場所を撮影しておくこと、撮影した日付を画像の隅などに入れておくことで、これらに注意して写真を撮れば希望通りの罹災証明書がつくられるでしょう。

注文住宅の収納スペースは場所や用途を考慮して設計する

自分の好みで設計できるのが注文住宅のメリットですが、収納スペースにおいても当てはまる部分となります。
場所が多いほど便利だと思いがちですが、利便性や設置場所などを十分考慮して設計する事が重要となるでしょう。種類に関しても用途に応じて設置する事が大事ですが、まず洋服などはウォークインクローゼットが人気です。多めの衣装でもたっぷりしまえるスペースを有していますし、バッグやコートなども1か所で収まるような利便性がメリットです。また近年主流となりつつあるのが壁面収納となっており、キッチンやリビングの壁面を有効活用するという方法です。天井から床面まで全部をスペースとして使えますので、場所を取らずにすっきりとしたイメージとなる事が特徴です。そしてキッチンにはパントリーと呼ばれる食品庫のような場所を作る事も注文住宅では可能です。食材をまとめて保管しておく事もできますし、キッチン関係の日用品などもストックできますので重宝するでしょう。

西東京市でおすすめしたい注文住宅情報

千種区 注文住宅